人気ブログランキング |
Top

静岡県三島市でマクロビオティックを美味しく楽しく無理せずに続けるmitonの日々を綴るブログ
by kmitoncooks
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
みと歯科主催マクロビ料理教室
056.gif会員様は9月~12月のスケジュールホームページでご確認下さい。

幸福は口福~「幸せはお口から」 身体によい食べ物をよく噛んで食べることはとても大切です。 食べたものが自分の体も心も作っています。

~みんなが健康で幸せに暮らせますようにと願いを込めて~ 歯科医の主人と共に静岡県東部でマクロビオティックを広めています。


みと歯科・矯正歯科主催の料理教室(会員制料理サロン)です。 料理教室へのお申し込み・お問い合わせはこちらのホームページから ↓  Petit Bonheur(プティボヌール)



・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・ 
アクセス


ミトンスタイルのビオクッキングサロン Petit Bonheur ~静岡県三島市の自宅教室(JR三島駅から徒歩13分)

・・・・☆・・・・☆・・・・
   
◇資格◇

*KIJ認定マクロビオティックインストラクター
*KIJレベル3修了
*マクロビオティック 料理研究家
*調理師
*ブレッドインストラクター
*Jr野菜ソムリエ
*食育インストラクター
*食生活アドバイザー
*雑穀エキスパート
*江戸ソバリエ
*白神こだま天然酵母サラパン認定師範
みと歯科・矯正歯科専属マクロビオティックインストラクター
*マクロビオティック的九星氣学 認定



画像一覧
カテゴリ
全体
プロフィール
自宅マクロビ教室
静岡ガス 料理教室
丸ごと野菜料理クラス
マクロビオティック料理
ナチュラルスイーツ
mixiでUPしたマクロビ料理
天然酵母パン
学び
外ご飯
お弁当
教室生徒さんの感想
ローフード
日々の暮らし
フラワーアレンジ
キッチンリフォーム
作り置き常備菜
その他
短期3回コース
作り置き料理クラス
Miton's cafe
タグ
(78)
(56)
(54)
(46)
(21)
(17)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
以前の記事
2020年 03月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...
"wet dog" Skin
by Animal Skin
夫婦で手打ち蕎麦にチャレンジ!
夫婦で静岡ガスクッキングスタジオの2回コース手打ち蕎麦教室に参加して来ました。
主人の歯科医院は日、月曜日が休診です。平日の月曜のお休みを利用して以前から興味の
あった手打ち蕎麦教室に一緒に参加することにしました。
定員10名のところ、女性は私を含め3名で、男性は7名参加していました。
平日の講座に参加できる男性ということは、もうお仕事をリタイヤしたおじ様達なのでしょうか。

お蕎麦屋さんのご店主から直接習えるこの講座は大人気な講座。
主人も私も蕎麦打ちは初めての経験です。
いつもは講師の側の私も今日は生徒の側になって一から教えていただきました。
今日は初心者向けにそば粉と中力粉が7:3の配合。
蕎麦は私が教えている手ごねパンとは、こね方も生地の硬さも全然違います。
蕎麦は陶芸のように菊練りをします。
しかし、まぁ~その生地の硬いこと、硬いこと!
参加した男性陣も「硬いな~」と口々に言いながらこねていました。
二人とも何とか捏ね上がり、今度は伸ばしの作業へ。

b0108921_21443297.jpgb0108921_21332084.jpg








長いめん棒を使って薄く伸ばしていくんですが、
これがまた、思っていた以上に大変力のいる作業でした。
上の写真のように先生のデモではおもしろいようにどんどん伸びていくのですが、
これ、実際自分で伸ばすとなると非常に難しい。
が、しかし、隣で作業している主人を見ると意外にも上手に伸びている!
え~~~驚きました!
やっぱり力のある男の人の方が蕎麦打ちには向いているんですね。
なるべく台から高い位置から圧をかけながらめん棒を転がすと伸びるんです。
非力でおチビさんの私ではなかなかうまく薄く伸びませ~ん(涙)
う~、これはもう何度も蕎麦打ちを経験してコツを掴む以外しようがありませんね~

最後は蕎麦切り包丁を使って生地を切り、自分で茹でて「もりそば」として試食。
さて、茹で上がったお蕎麦は・・・

うわ~太っ!!うわ~硬っ!!

かなり細めに切ったつもりでしたが、茹でるとこんなに太くなるの?(涙)
初めて自分が作ったお蕎麦はなんとも噛み応えのあるお蕎麦でしたぁ~

b0108921_21362062.jpg

残った蕎麦の生地を油でからりと揚げて少し塩を振ったら・・・
ハイ、ビールのお供の出来上がり!
みなさんと一緒に食べてみるとお口の中で、ボリボリ。バリバリ。
主人の目が私に合図。こ、これは~ビール飲みた~い光線だぁ~
はい、残念でした。ここじゃ飲めませんね><

後から出してもらった先生のお蕎麦はさすがに細くてのど越しもよく美味しいお蕎麦。
こんなお蕎麦が作れるようになるまでにはかなりの修行が必要ですね~
次回2回目は、とろろ入りの蕎麦を作る予定です。
主人は生地をこね上げた時に「いい生地だね」と先生に褒められ、私よりも薄く伸ばせたことにご満悦で、今後は蕎麦打ちを趣味にしそうな勢いですよ(笑)
もしかしたら、今年の年越し蕎麦は主人作かもしれませ~ん(笑)
Top▲ by kmitoncooks | 2008-01-21 22:02 | その他
<< 一期一会 | ページトップ | ダッチオーブン付きのグリルって... >>