人気ブログランキング |
Top

静岡県三島市でマクロビオティックを美味しく楽しく無理せずに続けるmitonの日々を綴るブログ
by kmitoncooks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
みと歯科主催マクロビ料理教室
056.gif会員様は9月~12月のスケジュールホームページでご確認下さい。

幸福は口福~「幸せはお口から」 身体によい食べ物をよく噛んで食べることはとても大切です。 食べたものが自分の体も心も作っています。

~みんなが健康で幸せに暮らせますようにと願いを込めて~ 歯科医の主人と共に静岡県東部でマクロビオティックを広めています。


みと歯科・矯正歯科主催の料理教室(会員制料理サロン)です。 料理教室へのお申し込み・お問い合わせはこちらのホームページから ↓  Petit Bonheur(プティボヌール)



・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・ 
アクセス


ミトンスタイルのビオクッキングサロン Petit Bonheur ~静岡県三島市の自宅教室(JR三島駅から徒歩13分)

・・・・☆・・・・☆・・・・
   
◇資格◇

*KIJ認定マクロビオティックインストラクター
*KIJレベル3修了
*マクロビオティック 料理研究家
*調理師
*ブレッドインストラクター
*Jr野菜ソムリエ
*食育インストラクター
*食生活アドバイザー
*雑穀エキスパート
*江戸ソバリエ
*白神こだま天然酵母サラパン認定師範
みと歯科・矯正歯科専属マクロビオティックインストラクター
*マクロビオティック的九星氣学 認定



画像一覧
カテゴリ
全体
プロフィール
自宅マクロビ教室
静岡ガス 料理教室
丸ごと野菜料理クラス
マクロビオティック料理
ナチュラルスイーツ
mixiでUPしたマクロビ料理
天然酵母パン
学び
外ご飯
お弁当
教室生徒さんの感想
ローフード
日々の暮らし
フラワーアレンジ
キッチンリフォーム
作り置き常備菜
その他
短期3回コース
作り置き料理クラス
Miton's cafe
タグ
(78)
(56)
(54)
(46)
(21)
(17)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
以前の記事
2020年 03月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
"wet dog" Skin
by Animal Skin
未来食サバイバルセミナーを終えて
3日間連続午前10時~午後7時30分までという過酷なスケジュールの未来食サバイバルセミナーを昨日無事終えました。静岡に来てくださった先生やスタッフさんそして私をこころよく3日間送り出してくれた家族に感謝です。そして地元の人達だけでなく他県からもたくさんの方が参加してくださったお陰で開催できたことにも感謝です。 
先日ブログにセミナーが終わったら報告をしますと書きましたが・・・
今回のセミナーは泉のように湧き出る大谷先生の豊富な知識を惜しげもなく与えてくださるセミナーでしたので何をどれからどう書いていいのか迷ってしまいました。

b0108921_2195621.jpg

昨年のお話会に参加してパワフルな大谷先生の秘密は「地球のおっぱいの雑穀なんだ」と思っていました。しかし今回は先生のパワーの源は雑穀だけではなく「塩」にもあるのだということがわかりました。
3日間で先生が一番伝えたかったのは塩の必要性だったように私には思えますので、
まずは塩についてご紹介します。



セミナーは毎日午前、午後ともにレクチャーが終わるとワークショップがあり、そこで先生が調理のデモを行います。
一度に20人分という分量の料理を作る訳ですから当然塩の量は多いはずです。
でも先生の入れる塩の量が半端ではないのです。塩を入れる度にみんなびっくりして目を見張ります。
そして作る速さもマクロビオティックとは違うすごいスピード感にびっくり。雑穀や野菜で作ったお料理は保存食になったり、違うお料理へとすぐに形を変えられるという効率的な作り方。そしてなんといっても美味しい!先生が適当にしょう油をどぼどぼ入れて作り味見をしてうまいというと塩加減がピタリと合っているのですから驚きです。

b0108921_21352069.jpgb0108921_21174667.jpg


塩と火と水と風の力で料理するつぶつぶクッキングにはエネルギーが満ち溢れています。




実は大谷先生には昔、お友達が間違った穀菜食を実践して体を壊して亡くなってしまったというつらいご経験がおありです。だから声を大にして穀菜食や自然食を実践する人に塩の必要性を伝えようとなさっているようです。
肉や魚を食べない栄養学を刷り込まれた人が、健康志向で薄味にするほうがいいのだと信じて塩をあまり取らないのはとても危険なのだそうです。
そうすると陽性がすっかりかけてしまって大きく陰性に傾いてしまうからです。
人間というのは、砂糖ならば結構いくらでも入るけれど、塩に関しては極端に入らないから塩を信じて自分が美味しいと思う量まで塩味をつけても大丈夫ということでした。
またおうちでじっとしている陰性の奥さんがつけた塩味というのは外で働く陽性のご主人には足りないからおうちの晩ご飯の穀菜食より外の焼き鳥が食べたくなってしまうのよと
いう笑い話や、塩味が薄いといくら食べても食事に満足できず小食にしようと思っても過食になり甘いものも欲しくなってしまうというお話にも納得できました。
確かに塩が極端に不足すると致命的なものとなることはわかっていましたが、不足気味であるとこんなにたくさんの弊害がでるとは思ってもいませんでした。
(こんなにといっても・・・具体的にテキストの内容をコピーすることはできないのでごめんなさい。)
塩の必要量はその人のその日の体調によっても違うので食卓に塩やしょう油を出して
家族に自分で味を足してもらう工夫も大切なのだと感じました。

つぶつぶ未来食ではこの4つが必須食品です。
陸の生命力の結晶である「全粒穀物」と「旬の土地の野菜」。
海の生命力の結晶である「自然海塩」と「海草」。 注)精製している塩はミネラルが入っていないのでダメです。
簡単に言えば、雑穀入りご飯や玄米ご飯、野菜、海草入りの味噌汁、漬物。
これは必ず毎日食べて欲しいとおっしゃっていました。

参加者の中には3日間8ヶ月の赤ちゃんを連れてあやしながら参加したがんばり屋のママさんもいました。私もかわいい赤ちゃんのそらちゃんをいっぱい抱っこさせてもらって幸せな気分に浸ることができました♪
「おばちゃん、かわいいそらちゃんにみずみずしい若さを分けてもらえたよ。そらちゃんありがとう♪」
3日目の最後にはパーティーも企画してくださいました。今回のセミナーで地元のマクロビオティックを実践している人達にも巡り会えお話もできました。今まで勉強して東京から帰ってきてもなんだか孤独でしたが今回はすごく元気がました。
そしてミラクルな雑穀に今まで以上に興味が沸いてきました。
参加して本当によかったと思います。
セミナーに参加した皆さんスタッフの方々またお会いしましょうね。
よかったら今度はうちで持ち寄りパーティーを開きましょう♪

セミナーのレポートはこれからまた少しずつしたいと思います。
Top▲ by kmitoncooks | 2007-02-15 22:03 | 学び
<< 3月に向けて! | ページトップ | イチゴのミレットババロア >>