人気ブログランキング |
Top

静岡県三島市でマクロビオティックを美味しく楽しく無理せずに続けるmitonの日々を綴るブログ
by kmitoncooks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
みと歯科主催マクロビ料理教室
056.gif会員様は9月~12月のスケジュールホームページでご確認下さい。

幸福は口福~「幸せはお口から」 身体によい食べ物をよく噛んで食べることはとても大切です。 食べたものが自分の体も心も作っています。

~みんなが健康で幸せに暮らせますようにと願いを込めて~ 歯科医の主人と共に静岡県東部でマクロビオティックを広めています。


みと歯科・矯正歯科主催の料理教室(会員制料理サロン)です。 料理教室へのお申し込み・お問い合わせはこちらのホームページから ↓  Petit Bonheur(プティボヌール)



・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・ 
アクセス


ミトンスタイルのビオクッキングサロン Petit Bonheur ~静岡県三島市の自宅教室(JR三島駅から徒歩13分)

・・・・☆・・・・☆・・・・
   
◇資格◇

*KIJ認定マクロビオティックインストラクター
*KIJレベル3修了
*マクロビオティック 料理研究家
*調理師
*ブレッドインストラクター
*Jr野菜ソムリエ
*食育インストラクター
*食生活アドバイザー
*雑穀エキスパート
*江戸ソバリエ
*白神こだま天然酵母サラパン認定師範
みと歯科・矯正歯科専属マクロビオティックインストラクター
*マクロビオティック的九星氣学 認定



画像一覧
カテゴリ
全体
プロフィール
自宅マクロビ教室
静岡ガス 料理教室
丸ごと野菜料理クラス
マクロビオティック料理
ナチュラルスイーツ
mixiでUPしたマクロビ料理
天然酵母パン
学び
外ご飯
お弁当
教室生徒さんの感想
ローフード
日々の暮らし
フラワーアレンジ
キッチンリフォーム
作り置き常備菜
その他
短期3回コース
作り置き料理クラス
Miton's cafe
タグ
(78)
(56)
(54)
(46)
(21)
(17)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
以前の記事
2020年 03月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
"wet dog" Skin
by Animal Skin
お手当て&食箋のご報告
先週土曜日は東京の大森一慧先生のお手当ての教室に参加しました。
初めての参加でしたので荻窪の大森先生の教室の場所がよく分からず迷ってしまいました。(方向音痴の私・・・またやっちゃった~)
大遅刻して講義の大事な部分を聞き逃してしまったんです。
あ~まったくなんとしたことでしょう。先生の貴重なお話を・・・

大森先生のお年は73歳ですが、よく通る若々しい声で講義されていました。
お手当ての実習は生姜の搾り汁と生姜の摩り下ろしを入れる2通りの梅生番茶、そして葛入り梅生番茶、梅干しの黒焼き入りくず湯、塩番茶。お手当ては陰性のものか陽性のものかきちんと見極めなければ逆のお手当てをするともっと調子が悪くなることがあるから難しいですね。b0108921_23292712.jpg
b0108921_23343713.jpg
b0108921_23361241.jpg

次は生姜湿布と里芋パスターの作り方のデモンストレーション。
大森先生ご自身が大量の生姜や里芋をガンガン摩り下ろしていきます。そして生徒にテキパキ指示を出しどんどん授業を進めていきます。生徒側からもたくさんの質問がでますが、それにも的確に答えながらご自身が熱いタオルもぎゅーぎゅーと絞って代表の生徒さんに施します。
う~んなんとも気持ち良さそう。ゆでこんにゃくや焼き塩も教えてもらいました。ゆでこんにゃくの湿布はしっとりじわじわ~っと温かく気持ちい~い。
焼き塩はすごく熱くてびっくり。新聞紙を袋にして入れないと布では焼けて破れてしまうそうです。焼き塩はぎっくり腰には抜群に効くそうです。
b0108921_23373371.jpgb0108921_23415774.jpg
b0108921_23422113.jpg
b0108921_23432010.jpg
b0108921_23433984.jpg

授業後大森先生は生徒さんからの個別相談を受け、その後は夜のお料理教室もあります。そして翌日は食箋の授業があるのですからなんともすごいパワーの持ち主です。

次の日の日曜日は食箋の授業。この日のテーマはアレルギーなので参加者が多く身動きが取れないほどの人でした。あまりに希望者が多い為12月にもこの内容で補習があるそうですよ。
アレルギーとは抗原抗体反応が有害な反応に変わるという意味です。
表面に現れるアレルギーのタイプ分けの資料をいただきご説明を受けました。
湿疹(陽性)アトピー(中庸)乾疹(陰性)の3タイプに分けてどのようなものを食べるとよいかという説明を受けました。
「この資料は長年の血と汗の結晶だから仕舞い込まないで使ってよ」とおっしゃいました。
ハイ、大切に活用いたします。
腸造血の重要性についての説明も受けました。
腸で栄養分が吸収され常に新しい血が作られますが、動物性のものをとっているとうまく作られないので骨髄で造血され、その過程でアレルギーが起こるそうです。だから腸を丈夫にすればアレルギーにはなりにくいようです。
皮膚には皮が効く。つまり野菜の皮や米の糠などがよく効くのです。
でも病気としては皮膚に湿疹がでるということはまだ安心で、外に出ず内にでた場合目に見えないから恐ろしいそうです。
調理実習はひえのリゾット、白菜の浅漬け、温サラダ、大根餅、若布スープでした。

b0108921_23465821.jpgb0108921_2347205.jpg
テーブルを囲んで試食するのも人数が多くて大変でしたが、有意義な時間を過ごせました。


遠くは北海道、沖縄、四国と日本中から先生の講義を受けに集まっています。
教える側も習う側も本当に熱心ないいお教室ですよ。
私もまた来月行かせてもらいま~す♪
Top▲ by kmitoncooks | 2006-10-20 00:08 | 学び
<< 大谷ゆみこさんのお話会 | ページトップ | 明日からお手当て&食箋 >>