人気ブログランキング |
Top

静岡県三島市でマクロビオティックを美味しく楽しく無理せずに続けるmitonの日々を綴るブログ
by kmitoncooks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
みと歯科主催マクロビ料理教室
056.gif会員様は9月~12月のスケジュールホームページでご確認下さい。

幸福は口福~「幸せはお口から」 身体によい食べ物をよく噛んで食べることはとても大切です。 食べたものが自分の体も心も作っています。

~みんなが健康で幸せに暮らせますようにと願いを込めて~ 歯科医の主人と共に静岡県東部でマクロビオティックを広めています。


みと歯科・矯正歯科主催の料理教室(会員制料理サロン)です。 料理教室へのお申し込み・お問い合わせはこちらのホームページから ↓  Petit Bonheur(プティボヌール)



・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・ 
アクセス


ミトンスタイルのビオクッキングサロン Petit Bonheur ~静岡県三島市の自宅教室(JR三島駅から徒歩13分)

・・・・☆・・・・☆・・・・
   
◇資格◇

*KIJ認定マクロビオティックインストラクター
*KIJレベル3修了
*マクロビオティック 料理研究家
*調理師
*ブレッドインストラクター
*Jr野菜ソムリエ
*食育インストラクター
*食生活アドバイザー
*雑穀エキスパート
*江戸ソバリエ
*白神こだま天然酵母サラパン認定師範
みと歯科・矯正歯科専属マクロビオティックインストラクター
*マクロビオティック的九星氣学 認定



画像一覧
カテゴリ
全体
プロフィール
自宅マクロビ教室
静岡ガス 料理教室
丸ごと野菜料理クラス
マクロビオティック料理
ナチュラルスイーツ
mixiでUPしたマクロビ料理
天然酵母パン
学び
外ご飯
お弁当
教室生徒さんの感想
ローフード
日々の暮らし
フラワーアレンジ
キッチンリフォーム
作り置き常備菜
その他
短期3回コース
作り置き料理クラス
Miton's cafe
タグ
(78)
(56)
(54)
(46)
(21)
(17)
(15)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
以前の記事
2020年 03月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...
"wet dog" Skin
by Animal Skin
医と食
第6回食育推進全国大会 ふじのくに食育フェア2011が、
18日19日と、私の住む静岡県三島市で開催されました。

私の子供が卒業した三島北小学校で三國シェフの食育講演会があり
主人と共に聴いてきました。

シェフ曰く、子供たちは12歳をピークに味蕾(みらい)を開花させます。
それまでに甘い、しょっぱい、苦い、辛いの4味に加え、うま味を加えた
5味を経験させて下さい。
子供たちが本当に吸収するのは薄味で、本物から取れた味です。

三國シェフのように世界に認められた有名なフランス料理のシェフも、
一番お母さんたちに言いたいことは、
「かつおや昆布のだしで取った味噌汁を子供たちに食べさせて欲しい。」と
おしゃっていました。
地産地消と伝統的な味噌汁を食べることを強調されていましたよ。

講演会終了後はたくさんの食育のブース巡りをしました。

その中に「医と食」をテーマにしたブースに目が止まりお話しをすると
午後から日本大学の講義棟でワークショップがあるというので参加。

石塚左玄「顕彰会」、日本CI協会、日本正食協会、クシインスティチュートオブジャパン、
NPO法人日本綜合医学会、社団法人生命科学振興会、のトップが集合された
ワークショップで驚きました。
それぞれの学校の活動内容の紹介もありました。
パワーポイントでクシアカデミーの紹介写真の中に小さく私の後ろ姿が
映っているのを発見(笑)

会長である医学博士の渡邊昌先生ご自身も食事と運動だけで薬を使わず重度の
糖尿病を治されたご経験からを食を見直すことの大切さを訴えられていました。

元々、食育という言葉はマクロビオティックの生みの親桜沢先生の師である食養を
始めた石塚左玄が提唱した言葉なのです。
我が国の食育推進事業は小泉内閣の時から5か年計画で進められ、
この6回目からは第2次5か年計画に入ったのです。

現在の国の税収を上回る医療費を削減するためにはもはや食を変えるしかない。
国民が食を正せば10分の1の医療費になるということ。
薬に頼らず、自己免疫力を高めること。
などを医者も栄養士ももっと知らなければならないと力説なさっていました。

今後は3つのマクロビオティックの学校卒業生には
統合食養学としてさらに大学院クラス創設も目指していきたいという
お話も飛び出してびっくり。

マクロビオティックは食養として内閣府から認められた食育活動を
していくそうです。


もっと一人一人が食に真摯に取り組めば医療費を減らすことができます。
福祉など他の大切なことに私達の納める税金が使われる世の中に
なって欲しいと思うのです。

家族団らんの楽しい食卓を囲めば子供達の非行も減ります。
平和な世の中に変えていくことは政治家任せではできないのです。
私達平凡な主婦や母だって変えていくことができるのですよ。

医を深く知れば、食に
食を深く知れば、農に
農を深く知れば、自然に
辿り着きます。

この地での主人と私の取り組みは、まだまだ小さなものでありますが、
自然と共に生きて行くマクロビオティックをもっとたくさんの人に知ってもらう
活動を続けていきます。

最近VIPな方々にエールを送られることが多く元気がでてきました♪
Top▲ by kmitoncooks | 2011-06-20 17:47 | 学び
<< 募集しています。 | ページトップ | 普茶料理 梵 >>