Top

静岡県三島市でマクロビオティックを美味しく楽しく無理せずに続けるmitonの日々を綴るブログ
by kmitoncooks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
みと歯科主催マクロビ料理教室
056.gif会員様は4月5月6月のスケジュールホームページでご確認下さい。

幸福は口福~「幸せはお口から」 身体によい食べ物をよく噛んで食べることはとても大切です。 食べたものが自分の体も心も作っています。

~みんなが健康で幸せに暮らせますようにと願いを込めて~ 歯科医の主人と共に静岡県東部でマクロビオティックを広めています。


みと歯科・矯正歯科主催の料理教室(会員制料理サロン)です。 料理教室へのお申し込み・お問い合わせはこちらのホームページから ↓  Petit Bonheur(プティボヌール)



・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・ 
アクセス


ミトンスタイルのビオクッキングサロン Petit Bonheur ~静岡県三島市の自宅教室(JR三島駅から徒歩13分)


サロンにお申し込み前にご体験なさりたい方はこちらへ↓お越し下さい。

静岡ガス エネリアショールーム柿田川クッキングスタジオ 担当講座からだに優しいおかずとおやつ

静岡県駿東郡サントムーンシネマ棟1F 055-991-5010 お申し込みは 静岡ガスHP または、静岡ガスへお電話をお願いします。


マクロビオティック食育講座をご希望の場合は、静岡ガスのクッキングスタジオにて開催致します。

幼稚園・小・中学校のPTA様の家庭教育学級など、団体で受講なさりたい場合は、直接静岡ガスにお申込みをお願いします。


・・・・☆・・・・☆・・・・
   
◇資格◇

*KIJ認定マクロビオティックインストラクター
*KIJレベル3修了
*マクロビオティック 料理研究家
*調理師
*ブレッドインストラクター
*Jr野菜ソムリエ
*食育インストラクター
*食生活アドバイザー
*雑穀エキスパート
*江戸ソバリエ
*白神こだま天然酵母サラパン認定師範
みと歯科・矯正歯科専属マクロビオティックインストラクター
*マクロビオティック的九星氣学 認定



画像一覧
カテゴリ
全体
プロフィール
自宅マクロビ教室
静岡ガス 料理教室
丸ごと野菜料理クラス
マクロビオティック料理
ナチュラルスイーツ
mixiでUPしたマクロビ料理
天然酵母パン
学び
外ご飯
お弁当
教室生徒さんの感想
ローフード
日々の暮らし
フラワーアレンジ
キッチンリフォーム
作り置き常備菜
その他
タグ
(31)
(28)
(12)
(9)
(9)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
以前の記事
2018年 03月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
"wet dog" Skin
by Animal Skin
<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Top▲
10月のレッスン終了しました。
もうすぐ11月。今年も早いな~

今週も3日連続のレッスン。
毎日生徒さん達に会えて楽しかったです♪

特に昨日は食事の後、長時間みなさんの海外旅行の体験談で盛り上がりました~~
その話の中で、「先生はフランスのどこに行ったんですか?」と聞かれても
もう思い出せなくなってしまっている私(笑)
そういえばもう1月も経ってしまって・・・丁度1か月前はパリっだった。

まだブログで旅行話も完結してない(汗)
全く呑気な私です。
写真の整理をしてフランス旅行記の最終回をアップしますね。
しかしいつの事やら・・・


今日のところは今月のレッスンの写真をアップさせてもらいますね。

b0108921_18563249.jpg

[PR]
Top▲ by kmitoncooks | 2011-10-29 19:07 | 自宅マクロビ教室
フランス旅行Ⅲ
先週は3日連続で自宅教室がありました。

主人と2人で9月末からフランス旅行に行って来た話を生徒さん達にすると、
なんとまあ、フランスに行ったことがある人の多いのなんのって。

半数以上の方がフランス旅行の経験者でした。
この歳にもなって行ったことなかった私の方が珍しかった(笑)

では、お約束のフランス旅行Ⅲを始めますね。今日は食事のお話です。

主人の仕事はお休みが長く取れない関係で8日間という短いツアーでした。
フランスには6泊。
前半の3日間はビジネスホテルって感じのちょっとな~というホテル。
最初の日はトランクを広げるスペースもないほど狭くて><

しかし、後半の3日間は、新婚さん仕様のコースに申し込んでいたので
パリのオペラ座のすぐ隣のリッチなホテルに宿泊できました。

ツアーには食事が組み込まれていた為、私だけ違う食事にしてはもらえないと思い、
今回の旅行は潔くマクロビオティックから離れた食事にすることに決めました。
身土不二の考え方からもフランスにいる間はフランスの伝統食を食べるというのも
いい経験かと思ってね~

前半3日間のホテルのバイキングの朝食のメニューは
ハム・チーズ・パン・シリアル・ヨーグルト・バター・ジャム・コーヒー・紅茶・
ミルク・ジュース・フルーツ。

あれ??キャロキョロ探しても、私の好きな野菜が・・・

野菜がどこにもな~~~い ><

朝食にはお野菜食べないのかしら?

フランスでCAFÉというとエスプレッソ。
カフェオレはエスプレッソにたっぷりのミルクを入れたもので朝食の飲み物だそうです。
クロワッサンをちぎってカフェオレに浸けて食べるのがフランスの朝食スタイルだとか。

ハムやチーズばかりだと陽性に偏ってしまうので、青りんごなどの陰性のフルーツをたくさん
食べて陰陽のバランスを取っているのでしょうね。
結構フルーツは豊富でしたよ。

しかし、昼も夜も連れて行かれたレストランはまずい上に野菜が出てこない。
いや、確かありました。缶詰のいんげんのバターソテーが・・・

本場のフランス料理ってこんな料理なの??
「日本のフランス料理の方がずっと美味しいよね~」ってツアー仲間の皆さんと苦笑い。
海外旅行に慣れた方達が「ツアーの食事料金はかなり抑えられているから仕方ないのよ」と。

有名なモンサンミッシェルでは名物のスフレのオムレツ。
b0108921_11382223.jpgb0108921_11384424.jpg














結局あまり食べられないお料理ばかりなので、ホテルの近くのスーパーでサンドイッチを
買ってお部屋で食べていました><

スーパーではもちろんたくさんの野菜が売られていました。
日本のようにパックに小分けして売っているのではありません。
自分が好きな野菜やフルーツを選んで秤にのせると金額が印字されたシールが出てくるので
それを貼ってレジに持って行くってシステムになっていましたよ。

スーパーにはカートがありません。かごの底に車が付いているので、
かごをゴロゴロ引いて買い物します。

b0108921_18155570.jpg


オーガニックのものもたくさん売っていましたよ~
b0108921_18114552.jpg

そうそう、旅行中なぜだか中華料理の夕飯の日が1日組み込まれていました。
その中華料理店の接客の悪い中国人の女性従業員と私達の添乗員さんとでバトル勃発。
英語で口げんかが始まって・・・

これがかなり笑えて!
今でも笑えるフランス旅行の思い出となりました。

期待していた後半のパリのホテルの朝食はとてもメニュー豊富。
野菜料理もたくさんありましたよ。日本人の宿泊客が多いからでしょうか、
ジャパニーズスタイルってコーナーがあって、白米、みそ汁、シャケの塩焼き、肉じゃが、
玉子焼き、紅ショウガ、「おてもと」って書いた割り箸までご用意。

しかし、このシャケの塩焼きと肉じゃがはちょっと勘違いしたお料理でしたけれどね(笑)

b0108921_18244953.jpg


b0108921_18251181.jpg


このホテルのディナーはとても美味しいお料理でした。
日本で食べるようなフランス料理がやっと出てきたぁ~!!!

折角行ったんだから、こうでなくっちゃ!!

フランスは山が少なく平地が多いので牧場はとても広いです。
だから牛にストレスがかからないのかな。
良質なミルクが採れる為、ヨーグルトやチーズ、バターといった乳製品が非常に多かったです。
やっぱりワインとチーズの国なんだな~

観光であれだけ歩いたのに日本に帰ったら太っていたので、こういう食事はやっぱりカロリーの
高い食事だったってことが分かります。

ご主人がフレンチのお店をしている方から、お店ではお皿に残ったソースをそのまま洗い流して
いるとバターが固まって排水管が詰まってしまうのできれいに拭き取ってから洗うようにして
いるってお話しを聞きました。

彼女も「これが人間の体の中でも起こっているんだから怖いですよね~」っておしゃってました。

日本人の平均寿命が世界1なのが、海外に出るとよ~く分かりますね。

日本に帰ったら小松菜のお浸しが食べたいな~と思った私なのでした(笑)


次はフランス旅行Ⅳに続きます。これものんびり待っててね♪
[PR]
Top▲ by kmitoncooks | 2011-10-23 19:30 | その他
Far As The Sky 
福岡の実家に帰っていたのでブログの更新が滞ってしまいました。


ところで今日、車の運転をしながら涙。。。

なぜなら、シャリースのアルバムを聴きながら運転していたから。

Far As The Skyって曲聴くと、ぐっと涙が込み上げてくるの。

この曲は親日家のシャリースが東日本大震災に遭った日本人に向けた曲
なんですよ。

「さまざまな障害や困難があっても、必ずその先には希望がある。
この曲は乗り越えられるんだよと自分に言い聞かせることができる曲。
この曲を日本のみなさんに捧げたい。」

とシャリースは思っているそうです。

実はシャリース自身がこの曲そのものなんですよね。

フィリピンの非常に貧困な生い立ち。
ルックスはう~ん、お団子ちゃんかな~(ごめんね!)

しかしながら子供の頃から鳥肌ものの歌唱力。
数々のアマチュアコンクールで優勝して一家の生計を支えていた彼女は
才能を見いだされて今や世界が注目する若手シンガーに。

シャリースと言えばセリーヌ・ディオンなど大物シンガーのカバーで
認められて有名になったんだけれど、オリジナル曲もいい。

のびやかで力強く張りのある声で歌い上げるこの歌は本当に素晴らしい!

是非多くの人に聴いて欲しいな~



ところでフランス旅行Ⅲは一体どうなったんだよ~と突っ込まれそう><

のんびり、ぼちぼちとアップさせて頂きますので、
もうしばらくお待ち下さいませ~
[PR]
Top▲ by kmitoncooks | 2011-10-17 23:08 | その他
フランス旅行Ⅱ
今日は飛行機内の話。

成田からエールフランス航空の飛行機に乗り込むと金髪のフランス人形の
ような美人CAがお出迎え。「ボンジュール!」
テンションは一気にアップ。
やっぱりCAは若くてスマートな美人がいいな~016.gif

以前アメリカの国内線の飛行機に乗ったところ、そこにいたのは機内の
通路が通れないほど体がでかく、パツパツの制服のパンツをはいた
美人とはちょっと程遠い不愛想なおばちゃんCA達005.gif

その時がCAに対する私の概念が吹っ飛んだ瞬間です><

超肥満集団の乗客とこのCA達を乗せて、この小さな飛行機は本当に
飛ぶのかしらと思ったのを今でもよーく覚えています。

そういえば、フランスにも結構太った人いたけれど、アメリカみたいに
超肥満な人達には会わなかったな~

私達の飛行機のお席は・・・
ゆったり足を伸ばして座れるビジネスクラス。
と言いたいところですが、もちろんエコノミークラスですよ><
とほほほ。

めちゃ狭~い。

あの狭~い空間にじっと座って片道12時間位。
食事をするか、映画を観るか、寝るか、トイレに行くか、
座って寝るってことになると、自分の足は長すぎて(笑)
どうにも収まりが悪い。
3時頃に夕飯出されて5時頃にはハイ寝なさいって照明落とされも
どうやったって寝られませんよ。

もう寝るのはすっかりあきらめてずっと映画を観ちゃいました。
特に面白かったのが「LITTLE MISS SUNSHINE」

ヘッドホンで聴いているので隣には音はもれないけれど、
私が声を出さないよう手で口を押さえてゲラゲラ笑っている
もんだから、隣の席のイタリア人のおじさんがこっち見てクスクス。

そのうちあちらこちらからカップラーメンの強烈な匂い。
ズルズルすする音。
欲しい人は夜食にカップラーメンやサンドイッチがもらえるのね~

飛行機、行きは揺れなかったけれど帰りは乱気流でかなり揺れました。
あまり飛行機に乗り慣れていない私と主人は落ちるんじゃないかと・・・
怖くて2人で手を握りしめ合った場面もあったのですよ008.gif

「行きの飛行機じゃなくて楽しんで来た帰りの飛行機で落ちるんだったら、
まだ、ましか~」なんて自分に言い聞かせたりして(笑)

しかし、お陰様で無事成田に生還致しました043.gif

旅行話はⅢに続きます~~
[PR]
Top▲ by kmitoncooks | 2011-10-10 21:56 | その他
フランス旅行Ⅰ
ツアー料金の安いこの時期に夫婦でフランス旅行に行って来ました~

人数が集まらなくても2人いれば旅行を確実に遂行してもらえるという
新婚さん仕様のツアー旅行に申し込んだ為、同行した添乗員さんに私達は
ずっと新婚さんと思われていたとか(爆笑)

フランスは世界遺産になっている歴史的な建造物が多く見応えありました~
日本と違って地震のない国なのでたくさん残っているのですよ。
アメリカとはまた違った意味でスケールがでかかったぁ~

またフランスは日本と違って農業が盛んで自給率の高い国だそうです。
自国で自給自足できるって素敵ですね。


さて、今日は車についてのお話。

観光バスに乗って高いところから見るので車はよ~く見えました。

走っている車はアメリカと違って日本車は少なくほとんどヨーロッパ車。
大きさはというと、これ軽ですか?って思う位小さな車もあり全体的に
小型車が主流。
色はグレーや黒の車が多かったですよ。日本の女子の好きな赤とか暖色系は
あまり見かけませんでしたね。
形はゴルフのような形の車ばかり。セダンはあまり走ってなかったな~
そして驚いたことに90%以上はマニュアル車でディーゼルだそう。

さすがにパリに入ると大きなセダンの高級車もたくさん見かけましたが、
今度は歩行者にびっくり。
信号守らない。車が来ていなかったら必ず赤でも渡る。

そしてさらにびっくりしたのは縦列駐車のすさまじさ。

古くからある街に車だけが増えたものだから駐車場というものが基本的に
ないんですね。両側の道路も歩道ももはや駐車場状態。
そしてその駐車の仕方といえば、ほとんど間隔のない縦列駐車。
どうやって入れたり出したりしているんだろう???

高速はというとひどい渋滞。
片側4車線の1車線目と2車線目の間にバイクの専用レーンが
あるのかと思うほど、車間も取らずにバイクがスピード出して次々に
走り抜けて行く~これじゃ、車は車線変更できないって思うほど。
そうそうバイクの前輪が2輪後輪が1輪っていうのも見かけましたね。

自転車もたくさんパリ市内をいい加減な走り方で駆け巡っていました。
交差点でぶつかりそうになったバスの運転手と派手に口げんかしていたり。

横断歩道の信号機は青から赤に点滅もせずいきなり変わるので
私は道路の真ん中で、え~もう!きゃ~ひき殺される~状態でした。

乗ったタクシーはすごいスピードで走るのでもうドキドキ。
まるでジェットコースターに乗っている気分><

ある意味無法地帯ですかって思われるような交通事情。
日本では「ありえな~い」ってことだらけのカルチャーショック。

とりあえず、パリは、オートマしか乗れず縦列駐車のヘタな私には運転の
できない街だということが分かりました><

Ⅱに続く。
[PR]
Top▲ by kmitoncooks | 2011-10-07 13:32 | その他
帰国しました。
今日パリから予定より2時間ほど遅れて帰国しました。
フランスにいる間はすごくお天気が良くて日中はとても暑かったぁ~

留守中ブログにご訪問頂いた方、どうもありがとうございました。

飛行機の中の時間が長いとホント疲れますね~008.gif
行き帰りの飛行機の中で映画を7本も観ちゃいましたよ。
今日はどっと疲れてしまったので、明日以降から
少しずつ旅行の報告もしていきますね。

ではでは、おやすみなさい014.gif
[PR]
Top▲ by kmitoncooks | 2011-10-03 23:30 | その他
| ページトップ |